So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラガン・ストイコビッチ [サッカー]

《私的選手名鑑》No.17
ドラガン・ストイコビッチ(Dragan Stojković)

名古屋グランパスエイトの中心選手としてプレーしたことで、日本にもなじみの深い選手。
OFM、FWとしてプレーし、スピードを生かした華麗なドリブルや巧みなボールコントロール、またパス、フリーキックもすばらしく、「ピクシー」という愛称のとおり、人を魅了するファンタジックなプレーが多かった。確かに彼が在籍中のグランパスは強かったですねー。試合も面白かったです。(^^)

動画はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=5_vj2f6OFpk
http://www.youtube.com/watch?v=ilmRUKaLvl4

こちらはイタリア大会 対スペイン戦のフリーキック
http://www.youtube.com/watch?v=9JDxSWW-d54

プロフィール(Wikipediaより抜粋)

ドラガン・ストイコビッチ(ストイコヴィッチ、Драган Стојковић、Dragan Stojković、 1965年3月3日 - )は、旧ユーゴスラビア(セルビア共和国)ニシュ出身のサッカー選手。ニックネームは「Pixy(ピクシー)」。

現役時代はユーゴスラビア代表として活躍。ユーゴスラビアサッカー史上最大の英雄のひとり。Jリーグの名古屋グランパスエイトで長く活躍した選手でもあり、日本人にとってもなじみが深い。現役引退後はセルビア・モンテネグロサッカー協会会長に就任。現職はレッドスター・ベオグラード会長。その他にも名古屋グランパスエイトのアドバイザーや、日本外務省の委嘱で西バルカン平和定着・経済発展のための「平和親善大使」を務めている。

代表では当初、もう一つのエースナンバーである7番を着けていたが、1980年代後半途中(90年W杯欧州予選のアウェーフランス戦で代表10番デビュー)から2001年に引退するまで、サッカーにおけるエースナンバーである背番号10を背負いキャプテン(初キャプテンは89年の親善試合のギリシャ戦)を務めた。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。